塾講師のアルバイトは予習が必須!

憧れの塾講師
憧れの塾講師

Writer

ライター画像元塾講師が大学生向けに塾講師アルバイトに役立つ情報を紹介するサイトです! お問い合わせこちらまでどうぞ。
☆を@に変えてください。
gogo_teacher794547☆excite.co.jp

Special

  • 予習が必須な理由アルバイトといえど生徒からすると先生です。きちんと予習を行い万全の体制で授業に臨むことが必要です。
  • 得られる経験将来、教師になりたい人は学生のうちに塾講師のアルバイトで経験を積んでおけばライバルに差をつけることができます。

おすすめリンク

スマイル・オン・ミーで、コーチングスキルを身につけよう!

予習が必須な理由

予習は欠かせない

塾講師のアルバイトをする上で見逃しがちなのが「予習の時間」についてです。この予習の時間はアルバイト料に入っていません。あくまで授業1コマの賃金が支払われるだけだからです。しかし塾講師のアルバイトは普通のアルバイトよりも高額の時給が支払われていますので、予習の時間を取ったとしても損をすることはないでしょう。
また教師を目指している人にとっては授業をする経験を積むためにアルバイトをしているという部分が大きいと思います。予習をしなければよい授業が出来ずによい経験を積むことも難しくなります。どれだけ優秀な学生でも何も予習をせずに授業をすることは不可能だと思います。授業が上手に出来ず、生徒から信頼を得ることができないと塾講師のアルバイトそのものが楽しくなくなります。どうせ塾講師をするならば優秀な先生として生徒に扱われたほうが幸せです。予習にかけた時間以上のものを生徒が返してくれると思います。

授業の予習の仕方とは

それでは授業の予習の仕方はどのようにすればいいのでしょうか。まずはその日の授業で教える範囲を確認するところから始めます。そしてもしその授業中に使う教科書に設問などがある場合はすべて解いておきましょう。そして正解と照らし合わせて確認をしておくことが大切です。もし授業中に生徒から質問をされた時に問題を解いていないと答えられなくなってしまうかもしれません。問題を解くのに時間がかかってしまうのも問題です。すぐに質問に答えることで生徒の信頼を得ることができるようになります。
また授業内容を最初から終了時までイメージしておくことも大切です。生徒が授業に集中できるようにするためにはどうすればよいかをシュミレーションしておく必要があります。つかみの話、今日の授業の山場、まとめ方などを頭の中で思い描いておきましょう。もし宿題を出すのならばその宿題をあらかじめ授業前に決めておくことも大切です。予習をすると言っても大学まで進学してきた学生にとっては学習内容の把握については確認作業で時間はかかりません。授業の進め方のほうに力を入れるようにしましょう。

年間のスケジュールで予習を組む

また年間の授業のスケジュールが塾ごとに決まっていると思います。まずそれを確認しておいて頭に入れておくとよいでしょう。自分が教えている場所が年間を通じてどのあたりかという事を知っておくと予習の仕方もかわります。ドラマのストーリーには一回ごとのエピソードもありますが、全編を通した縦軸のストーリーも欠かせません。最後の授業から逆算して今どのような話をしておくと最後に効果的になるかまで考えることができたらかなり優秀な塾講師です。