さぁ、塾講師のアルバイトを始めよう!

憧れの塾講師
憧れの塾講師

Writer

ライター画像元塾講師が大学生向けに塾講師アルバイトに役立つ情報を紹介するサイトです! お問い合わせこちらまでどうぞ。
☆を@に変えてください。
gogo_teacher794547☆excite.co.jp

Special

  • 予習が必須な理由アルバイトといえど生徒からすると先生です。きちんと予習を行い万全の体制で授業に臨むことが必要です。
  • 得られる経験将来、教師になりたい人は学生のうちに塾講師のアルバイトで経験を積んでおけばライバルに差をつけることができます。

おすすめリンク

バイトークで求人を見つけて、お金を稼ごう!

これで受かる!塾講師アルバイト対策

塾講師のアルバイトを始めたい人に向けて、求人情報の効率的な探し方、履歴書の志望動機の書き方、そして面接必勝対策を紹介します。今どきのアルバイト探しにはスマホやPCを使ってインターネット上の求人サイトを利用する大学生が多いと思います。塾講師のアルバイトもやはりインターネットの求人サイトで探すのが一番便利と言えるでしょう。もし求人サイトで条件に合うアルバイトが見つからなかった場合は、地域のフリーペーパーや新聞などもチェックしてみてください。

アルバイト先はこう探す

アルバイト先はこう探す

塾講師のアルバイトをする前にまず求人情報を探すことが先決です。手軽な方法が「アルバイト求人サイト」を利用することです。スマホなどを利用していつでも求人情報を得ることができます。塾講師家庭教師専門のアルバイト求人サイトを利用するのもいいでしょう。また地域のミニコミ誌やフリーペーパーに掲載されている求人情報は中堅以下の小さな塾が多く競争相手が少ないので面接に受かる可能性が高いかもしれません。近所の塾に出向いて求人情報を探せば個人経営の塾でアットホームな雰囲気で働けるかもしれません。

参考になる志望動機の書き方

参考になる志望動機の書き方

塾講師のアルバイトに受かるためには、履歴書の「志望動機」をどう書くかが大切になります。採用担当者が求める要素を志望動機にちりばめるようにして文章を作成しましょう。「教えるのが好き」「子どもが好き」「経験がある」「成果を出した」「得意科目がある」などの要素を入れつつ自分なりの言葉で表現します。またどんなに良い内容の志望動機でも汚い文字で書き流したものは採用担当者がまともに取り合ってくれません。丁寧に見やすく書くことが鉄則です。

面接を突破するマナー

面接を突破するマナー

塾講師のアルバイトに受かるための最後の関門が面接ということになります。まず鉄則なのが面接時間に遅れないという事です。面接会場の場所を勘違いしたり、面接会場の場所がよくわからなくて遅刻をしてしまったら悔やみきれません。きちんと事前に確認しておきましょう。またスーツと白いシャツをきるなど清潔な服装をして面接に臨むことも大切です。金髪やピアスの人は黒髪にしてピアスも外して面接に臨みましょう。そして面接中は相手の目を見て大きな声で話すことも大切です。