塾講師アルバイトの探し方

憧れの塾講師
憧れの塾講師

Writer

ライター画像元塾講師が大学生向けに塾講師アルバイトに役立つ情報を紹介するサイトです! お問い合わせこちらまでどうぞ。
☆を@に変えてください。
gogo_teacher794547☆excite.co.jp

Special

  • 予習が必須な理由アルバイトといえど生徒からすると先生です。きちんと予習を行い万全の体制で授業に臨むことが必要です。
  • 得られる経験将来、教師になりたい人は学生のうちに塾講師のアルバイトで経験を積んでおけばライバルに差をつけることができます。

おすすめリンク

バイトークで求人を見つけて、お金を稼ごう!

アルバイト先はこう探す

アルバイト求人サイトで塾講師になる

塾講師になりたい人が最初にすることが求人情報を調べることだと思います。そしてその一番手軽な方法が「アルバイト求人サイト」を利用することです。まずはサイトに会員登録をしてから塾講師の求人情報を探します。塾講師を希望することをサイトに伝えれば求人があったときにメールなどで知らせてくれますので、スマホなどを利用して外出先や学校からすぐに応募することも可能です。また最近のアルバイト求人サイトには先輩の口コミや体験談が掲載されていますので、職場の具体的なイメージ作りに役に立ち応募先を選びやすくなるでしょう。
また履歴書の書き方や面接に受かるための方法なども教えてくれるなど、必要な情報が豊富に掲載されています。またアルバイト求人サイトはすべての業界の情報を扱っているサイトと、塾講師や家庭教師専門のアルバイトサイトがあります。どちらを使用してもよいですが専門サイトのほうが探しやすい可能性があります。もちろんどちらのサイトにも登録をしておいて、塾講師の求人を幅広く集める方法もおすすめです。

地元紙や「足で稼いで」塾講師になる

また地元新聞やフリーペーパーなどに掲載されている塾講師の求人情報も頼りになります。地元限定の求人ですので、通いやすい場所にあることが多く日本中の学生がチェックできる媒体ではありませんので競争率も低いと思います。また大きなアルバイト求人サイトに求人を出さずに地域の新聞などで求人を出す塾は地元密着の中型から小型の塾が多いと思います。そのような塾は大手の塾にくらべるとスタッフも少なくスタッフ間の距離や生徒との距離が近いので働きやすいかもしれません。塾に通っているすべての生徒の顔も覚えることが出来ますので親近感がわきやすく、みんなと仲が良くなれそうです。また家の周囲にある塾や、学校の近くにある塾に実際に行ってみるのもいいと思います。ネットなどで地図上に塾だけをピックアップして表示させる機能を使いましょう。そしてその塾の一軒一軒に自転車などで行ってみるのがおすすめです。アルバイト求人サイトの情報だけではわからないような塾の職場の雰囲気などを実感することが出来ます。
また塾に張り紙でアルバイト募集をしているところもあります。個人経営の塾でアルバイト求人サイトなどを利用せずに地元の大学生を雇おうとしているためです。個人経営の塾は基本的に教科ごとに一人か二人しか塾講師のアルバイトがいません。そのため大手の塾よりも塾講師同士が競争心を持たずに済み安心して働くことができます。もちろん責任はその分増しますので責任感を強く持って働く覚悟がある人に向いている職場だと思います。